ギャンブルで1番儲かるのは、賭け金の一部を取る胴元?

世界にはさまざまなギャンブルがあります。日本でもメジャーなものですと、宝くじやロト、競馬、競艇、競輪、オートレース、カジノ、麻雀、パチンコ、パチスロなど、大人なら1度は経験をされたことがあるのではないでしょうか。

ギャンブルは昔も今も多くの人に夢を与え、さまざまな形へと発展をしてきております。 ギャンブルと1くくりに言いましても、大きく2つに分類をされるのです。1つは賭けごとを運営する胴元というものが存在をしているギャンブルと、もう1つはプレイヤー同士で自由に行われるギャンブルです。

最近人気になっているオンラインギャンブルのオンラインカジノは、カジノ同様で胴元が存在をして、賭け金の一部が胴元の懐に入るようになっているギャンブルです。胴元があるギャンブルは、必ず胴元が儲かるようなしくみになっています。

胴元が存在するギャンブルは、胴元側がプレイヤーが遊戯が出来るように場所を提供したり、ディーラーやゲームマシンなどのギャンブルに欠かせない設備やスタッフを用意して、プレイヤーに遊戯を楽しんでもらいます。こういったギャンブルの場所では、胴元側が必ず勝つようなしくみを作るようになっています。

胴元に損が出てしまうと、胴元側の運営資金が減ってしまい、経営として成り立たなくなってしまうので、このような胴元側に有利なしくみになっているのです。 競馬のような公営競技のギャンブルの場合は、売り上げの2〜3割、宝くじは発売総額の半分が主催者側の利益になるようになっており、残りのお金が参加者たちに分けられるのです。









>>人気ランキングを全て見る