決済システムや決済会社について

プレイヤーは有料ゲームのプレイ前後に自分の口座を介して入出金を繰り返すことになりますが、その際にプレイヤーと運営会社の仲立ちを行うのが決済会社です。一つのオンラインカジノで出し入れされる金銭は一日に数億円とも言われており、資金を安全かつ確実に循環させるうえで決済会社のシステムは必須です。

各オンラインカジノによって利用されている決済会社はまちまちですが、グランドバーチャル社の「IBS(Internet Billing Services)」やクリプトロジック社の「ECash Direct」などが有名な決済システムです。

しかし、実際にオンラインカジノを利用しているプレイヤーの中には、入金時にクレジットカードを使えなくて困った経験がある人がいます。

日本の刑法の賭博罪は国外でのギャンブルには適用されないため、オンラインカジノを利用することで逮捕されることはありません。しかし、ギャンブル目的でクレジットカードを使おうとすると、決済を断られることがあります。審査に厳しいJCBカードはその最たる例です。

このような時に便利なのが、「e-Wallet」と呼ばれるオンライン決済代替サービスです。e-Walletとは、インターネットショッピングなどに利用できる電子マネー用の口座であり、一般のクレジットカードでの入金が可能です。一旦手持ちのクレジットカードでe-Walletに入金し、そこからオンラインカジノの口座に振り込めば、問題なく有料ゲームをプレイできるという理屈です。

e-Walletを活用すれば、複数のオンラインカジノからの出金を一つにまとめることで換金手数料を減らせるという利点もあります。

他にも、Zbanc(ジーバンク)、webanq(ウェバンク)、i-BANQ(アイバンク)、NETELLER(ネッテラー)、Click2Pay(クリック2ペイ)などの決済代替サービスがあり、多くのオンラインカジノ愛好者に利用されています。









>>人気ランキングを全て見る