ホーム > 攻略法・必勝法 > 10パーセント法【攻略方法】

10パーセント法【攻略方法】

「10パーセント法」とは、常に自分の持ち金の10%を賭け続けるベッティングシステムのことです。バカラや赤・黒など、勝率がほぼ50%で配当が2倍のギャンブルゲームで効果を発揮します。

例えば、軍資金が100ドルだとします。最初は100ドルの10%にあたる10ドルを賭けます。その勝負に勝ったら、持ち金が110ドルになります。次は110ドルの10%にあたる11ドルを賭けます。負けたら持ち金が99ドルになるので、次は99ドルの10%にあたる10ドルを賭けます。(端数切り上げ。)その勝負に勝てば、持ち金は109ドルになります。

このように自分の持ち金によってベットが変化するので、10パーセント法は「勝つ時は大きく勝ち、負け続けても軍資金の減りを最小限に抑えることが出来る」戦術と言えます。

けれども、10パーセント法は磐石のベッティングとは言い切れません。順調に勝ち数を増やしているうちは面白いように利益が膨れ上がりますが、最初から負けが続いてしまうと否応無く苦戦を強いられます。目減りした軍資金で負けを取り返すのはとても大変な作業だからです。

◆10パーセント法の注意点
それに、カジノではMAXベット(一度に賭けられる最大ベット)が決められている場合が多く、必ずしも軍資金の10%を賭けられない場合もあります。このルールのせいで、負けが込んでいる時に原点回帰さえ難しくなります。10パーセント法を用いて連敗すると、収支をプラスに持っていくのは非常に大変です。

極端に言えば、10パーセント法はほとんど運任せの戦術と言っても過言ではありません。従って、10パーセント法を使いこなすためには、勢いに便乗する度胸と場の流れを読む直観力が重要になります。どんなギャンブラーでも、ツキに守られている時があればツキに見放されている時もあります。極端に負けが続く時は、「今日は運がないな」と割り切って、早々に引き上げる決断力を持ちましょう。

最初から、「負けが続いたら○回追い上げてやめる」というようなルールを自分で設定しておくといいのではないでしょうか。

◆10パーセント法の活用術
ギャンブルは非情です。「気合」や「根性」が通用するような甘い世界ではありません。負け分を取り返そうとしてムキになると、ますます損害が膨らむだけです。あくまでも冷静に数学的に計算して、自分のとるべき行動を客観的に判断しましょう。

例えるなら、10パーセント法は株式の投資に似ています。目先の株価の動向に振り回されてすぐパニックに陥ったり、身勝手な願望に縋るあまり損切りが出来なかったりするのが、株式投資で損失を膨らませる人の特徴です。短期的な勝敗の行方は誰にも予測できません。ギャンブルの特性上、時には大負けする時もあります。そういう時はすぐに取り返そうなどと思わずに、何日、何週間、何ヶ月もの長期的な計画で収支をプラスにもっていくように考えるべきです。

10パーセント法は、どのくらいの金額を賭けたらいいのかわからない人でも迷わずに勝負に集中できるのがメリットであり、正直短期戦には不向きです。10パーセント法を活用する際は、長期戦を覚悟しましょう。









>>人気ランキングを全て見る