ホーム > 攻略法・必勝法 > ダランベール法(ピラミッド法)

ダランベール法(ピラミッド法)

「ダランベール法」とは、ルーレットやブラックジャックなど勝率がほぼ50%のカジノゲームでしばしば用いられるベッティングシステム(賭け戦術)です。別名、ピラミッド法とも呼ばれます。

最初に基本レートを決めて、勝った時には1減らした金額を、負けた時には1増やした金額を、次の勝負で賭ける作業を繰り返し続けるというきわめて単純なものです。

例えば、最初に1ドル賭けるとします。その勝負に負けたら、次は1ドル増やした2ドルを賭けます。その勝負にも負けたら更に1ドル増やして3ドルを賭けます。もしこの勝負に勝てば、それまでの負け分をチャラに出来ます。そして次は1ドル減らした2ドルを賭けることになります。

このように、ダランベール法とは「出来るだけプラスマイナス0の原点を保ち続ける」戦術です。理論上、勝率50%の勝負は○×○×……というように勝ちと負けを繰り返します。しかし、現実のギャンブルでは○○○×××……という風に勝ちと負けがある程度連続して起こるものです。ダランベール法で常に原点付近をキープしておけば、勝ちが連続した時に一気に利益を期待できるわけです。勝つ毎にベットを減らすので大負けするリスクも少なく、安定した成績を築けます。

・ダランベール法で気をつけるべき点
とは言え、ダランベール法で実現できる利益はあくまで数学的な計算上のことです。実際のギャンブルでは10連敗以上負けが連続することも珍しくありません。軍資金が底を付けば、この戦術事態が破綻してしまいます。ダランベール法を実践するためには、多額の軍資金が必要なのです。

それに、自分の都合の良いように勝ちが連続してくれるとは限りません。やはり勝ちと負けが交互に訪れるパターンの方が現実的であり、勝ち負けがイーブンでも収支がマイナスになってしまうことは往々にしてありえるのです。

従って、ダランベール法を活用して利益を上げるためには、どこかで「勝ち逃げ」することが必須条件となります。ダランベール法は大勝を狙うベッティングではありません。例えば収支がプラス10になったらやめるなど、自分で事前にルールを作って、その掟に従って堅実に作業をリピートするようにするといいでしょう。









>>人気ランキングを全て見る