ホーム > 攻略法・必勝法 > グランバーレー法とは一体何?

グランバーレー法とは一体何?

グランバーレー法は、パーレー法の変形投資方法です。パーレー法と違うところは、勝った場合、掛金を2倍にしていくのではなく、2倍の掛金にプラス1増やすという所に違いがあります。

ですから、1・3・7・15・・・と賭けていくことになります。
連勝の後で、負けを期したとしても、負け金額をマイナス1とするのを避けることができるので、負けたとしても利益を残せるという仕組みです。

・グランバーレー法の弱点とは
この方法の弱点は、MAXベットがあると、勝ち続けていくにつれて、思った金額を賭け続ける事ができないという所にあります。

最大のベットが500としたオンラインカジノがあるとして、255まで賭けられるのですが、次の掛金が最大ベットの500になります。つまり、ここから先、勝ち続けたとしても、500以上賭ける事ができないのです。

ですが、これも考え方次第で、9連勝目から500の掛金で統一するという方法もありますし、もしくはこの方法で勝負する事を8連勝でやめてしまうという方法もあります。連勝しないと、1セットで必ず負けになりますので、損失が少しずつ膨らんで行くことになります。

例えば、逆マーチンゲール法を利用した際の例を挙げてみると、1セットで損失は1となります。ですが、グランバーレー法で勝負した時には、2連勝した後に負けると、トータルで2の損失。さらに3連勝後に負けるとトータルで3の損失が生まれ、損失が積み上げっていくので注意が必要です。

・グランバーレー法を駆使した戦略方法とは
この方法は、逆マーチンゲール法と同じく、どの当たりでやるのかという事が最大のキーポイントです。

逆マーチンゲール法よりも利益が取りに行く方法ですから、勝負の見極めしだいでは、大勝ちする事もありますし、逆に大損いなる可能性もあります。









>>人気ランキングを全て見る